認知症 認知症と予防 基礎知識 本人と家族のケア 支援 相談窓口
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

介助犬の一種 聴導犬をご存知ですか? 聴覚障害者のサポートを行っています

障害のある方 障害について

介助犬の一種 聴導犬をご存知ですか? 聴覚障害者のサポートを行っています
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

聴導犬ってご存知ですか?

盲導犬・介助犬と共に、身体障害者補助犬法で定められた正式な働く犬ではあるけれど、その認知度は低く、希望される方への貸与がなかなか進んでいない聴導犬。

聴導犬は、聴覚に障害がある方をサポートする訓練を受けた犬です。 例えば、家の中だけでも、さまざまな音があります。
目覚ましのベルから、呼び鈴、お湯が沸いた音、焦げた音、 洗濯や機械のエラー音、時には災害を知らせるアラート音もあります。

そんな日常的な音を知らせる訓練をうけているのが、聴導犬。
また家の仲だけでなく、外出時においても、車のクラクションや危険な音を察知して聴導犬ユーザーに伝える等、様々な音を聴覚障害者に伝えて安全確保に努めています。
また、どこにでも同伴して、聴覚障害者が災害や事故に巻き込まれる危険性を回避することも期待されています。
日本初の聴導犬は、2001年大阪で公的乗り物の乗車試験を受けた候補犬が合格しました。
プラットホームで聴覚障害者が事故にまきこまれることがいく例ががあったJRが、「聴覚障害者の耳」として、その方の生命を安全に保つことができると聴導犬に大きな期待をよせたことにありました。

聴導犬は、盲導犬や介助犬に比べて、小型犬が選ばれることも多く、時には、保護された犬の中から適性を見出された犬が訓練を受けて仕事に就くということもあります。

聴覚障害者は、見た目にわかりにくい障害であるが故、
聞こえていると勝手に勘違いされて、情報障害になることもよくあります。
見た目に聴覚に障害があることがわかることも大切な情報です。

まだまだ活躍している数の少ない聴導犬ですが、今後の活躍が期待されています。

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
認知症 認知症予防 心のケア 家族介護 地域支援
認知症 認知症予防 ケア