認知症 認知症と予防 基礎知識 本人と家族のケア 支援 相談窓口
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

患者数増加中の トレット症候群 子どものなりやすい病気

様々な病気・障害・症状

患者数増加中の トレット症候群 子どものなりやすい病気
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

中国でやさしくわかりやすくトゥレット症候群のことが紹介された動画があったので、よかったらごらんください

トゥレット症候群について

・チック症候群の一つで神経発達症に含まれる病気
・小児期に発症し、多種類の運動チックと1種類以上の音声チックが1年以上に続く状態
・チック症状は、自然に増減し、心理状態によって影響を受けます  
 しかし、親の育て方や本人の心がけに問題があって起こるわけではありません

[原因]
・遺伝要因と環境要因が関係している
・大脳基底核という運動の調整に関わる部位を含めた脳内回路の異常が原因
・ド-パミン系やセロトニン系などの神経伝達物質の異常が関係している

 [発症年齢]
・18以下、4~11歳で発症することが多く、特に7歳前後に最も多い

 [併存症]
 強迫症・強迫性障害、注意欠如・多動症、注意欠如・多動性障害 また、睡眠障害、学習障害、自閉スペクトラム症、自閉症スペクトラム障害、不安、抑うつ傾向、怒り発作など

[治療]
・心理教育および環境調整
 本人、家族、教師などの周囲の人々に障害の特徴を正しく理解してもらい、
 チックや併存症をもちながらも成長し、社会適応できるように支援
・薬物療法
 心理教育や環境調整だけで解決できない場合には、薬が必要になります。
 薬はチックだけでなく併存症も含むどの症状に的を絞るのか、
 副作用の程度はどうか検討していきます。
・行動療法 ハビット・リバ-サル(チックと両立しないような動きを身につけます)などの方法がありますが、日本では普及していないようです
・外科治療 様々な治療法でも軽快しない難治性のトゥレット症候群には外科治療が検討されます。
深部脳刺激療法(大脳基底核に電極を埋め込んで持続的に刺激を行う)  など

[予後]
・多くの場合、チック症状は青年期・成人期に軽快するそうです
 しかし少数例はその後も強いチック症状が残るとのこと
 チックよりも併存症の方が問題となることもありそうです

いずれにせよ、本人も家族も心理的不安と負担が増えてきやすい状況です
早めに小児科などに相談した方が、よさそうですね!!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
認知症 認知症予防 心のケア 家族介護 地域支援
認知症 認知症予防 ケア