認知症 認知症と予防 基礎知識 本人と家族のケア 支援 相談窓口
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

視覚障害者をサポートする盲導犬  ゴールデンレトリバがおおいですね

障害のある方 障害について

視覚障害者をサポートする盲導犬  ゴールデンレトリバがおおいですね
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

盲導犬について
~目の見えない人・見えにくい人が安全に歩けるように~
公益財団法人 日本盲導犬協会HPより    
 https://www.moudouken.net/

目の見えない人・見えにくい人が行きたい時に行きたい場所へ出かけやすくなるように、盲導犬は障害物を避けたり、段差や角を教えたり、安全に歩くためのお手伝いをします。
道路交通法や身体障害者補助犬法という法律でも認められていて、目の不自由な人と一緒に電車やバスに乗ったり、お店などに入ることができます。
盲導犬は大切なパートナーです。しかし生き物ですから、食事やトイレの世話、シャンプーやブラッシングなど、大変なこともあります。でも、安全に歩くことを助けてくれるだけでなく、手を伸ばせば温かなぬくもりも与えてくれます。盲導犬は、盲導犬ユーザーにとって大切なパートナーであり、家族の一員なのです。

盲導犬を育てるために必要な経費をご存知ですか???

約1頭300万円と言われています。

このお金は、国からの補助がいくらか入ってはいますが、 殆どを助成金や寄付で賄われています。
また、たくさんのボランティアさんが1頭の盲導犬を育てるのを支えています。
まずは、パピーウオーカー パピーウオーカーは、盲導犬の候補生の赤ちゃんを1年間預かります。
人の温かさや人の暮らしを学ぶと共に、たっぷり愛情をもらう大切な期間。
この候補生を預かるお金、育てる費用もボランティアさんもちで、大切に育まれます。

大切に育てられ1歳になった候補犬たちは、
訓練に適応する犬かどうか試験を受けます。
ここで、合格した犬は訓練に入っていきますが、
不合格の犬は、ボランティアさんが引き取り育てていくこととなります。
また、盲導犬としては難しくても、聴導犬や介助犬に向いていることもあるので、そちらの試験をうけることもあるようです。
また、訓練を無事終了し、視覚障害者のパートナーとして活躍した後の老犬になった時も、ボランティアさんが看取りまでのお世話をします。
こうやって、盲導犬や盲導犬候補生たちは、支えられながら、視覚障害者のパートナーとなって活躍できるよう、育まれています。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
認知症 認知症予防 心のケア 家族介護 地域支援
認知症 認知症予防 ケア